収穫の秋   
「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」「芸術の秋」など様々な言葉が連想される、過ごし安い気候の10月。また現代人は忘れがちかもしれませんが、実りの秋でもあり、米の収穫の季節でもあります。日本各地によって、温暖な九州では8月から収穫が始まる米ですが、関東地方では大体10月前後が収穫時期になります。市川でも1960年代までは行徳地域にも豊かな水田、蓮田が広がっていたそうです。水田耕作は江戸時代から盛んで、1917年の暴風で被害を受けた塩田が衰退した後も海苔作り、蓮とならんで行徳の日常でした。しかし東西線が開通し、交通の便が改善されてからは、その役割を宅地へと変化させてゆきます。市川は現在では殆ど米は作られていませんが、子供達に米作りを体験させる北方ミニ自然園で活動を行う「みどりの寺子屋」や体験学習事業「市川米っ人くらぶ」など、自然と繋がりを子供達に教える試みは続けられています。食欲の増す秋、収穫への感謝を想うと、より食べ物が美味しくなるかもしれませんね。

輪の輪 公募・輪の輪展
輪の輪工芸会は、美術工芸に関する知識、理解、技法を深めるとともに豊かな感性と美意識の向上に努め、地域文化の発展に寄与することを目的に活動しています。第31回目となる輪の輪展が今年も開催されます。金・木・造形・染・織・陶・人形・絵画・竹など多彩な作品が展示されます。文化の秋に会員の指導的レベル創作作品をたのしんでみてはいかがでしょうか。
○  ○  ○
会場・市川市文化会館地下展示場(大和田1-1-5)
JR本八幡駅より徒歩8分
会期・10月4日(水)〜10月9日(月)10時〜18時(最終日15時迄)
入場・無料
●問い合わせ
TEL090-1250-6636(輪の輪工芸会事務局野竹内)

緑の楽交・秋のトンボ調査
「緑のみずがき隊」は「北方(ぼっけ)生きもの子どもミニ自然園」と北方遊水池(大柏川第一調節池緑地)で活動するボランティアグループです。失われつつある身近な水辺の自然環境を復元し、自然環境の保護に対する意識を高めるとともに、子どもたちをはじめ多くの人たちに直接自然と触れ合える場所を提供するための活動をしています。今回は緑の楽交・秋のトンボ調査、みどりの寺子屋・収穫祭と題して、北方遊水池とミニ自然園でトンボを捕り、その種類を調べたり、ミニ自然園で収穫したお米で餅つきをしたり、わら細工をしたり、自然との触れ合いを楽しみます。
○  ○  ○
会場・北方遊水池 大柏川第1調節池緑地ビジターセンター(北方町4-1444-59市川市民プール前)
JR本八幡駅・京成八幡駅よりバスで「大野中央病院」下車
●緑の楽交・秋のトンボ調査10月7日(土)10時〜正午。雨天中止。
参加費1人100円(保険料など)。
みどりの寺子屋・収穫祭10月21日(土) 10時〜14時。雨天時は翌22日に順延(参加費1人大人400円、小学生200円(食材費や保険料など)。
※トンボ調査と収穫祭の共通注意事項・小学生以下は保護者同伴でご参加ください。事前申込み不要。飲み物と帽子を持って、汚れても良い服装・靴でお出でください。
●問い合わせ
TEL090-8777-7186(森角)

南水一人語り
第一部 今東光作『お吟さま』より「お吟さまの恋」 
第二部 今東光作『お吟さま』より「お吟さまの死」
戦国の世、千利休の二度目の妻宗恩は、松永弾正との間に生まれた二人の遺児、兄・少庵、妹お吟を連れて千家へ輿入れします。利休は二人をわが子のように愛し、やがて成長したお吟は、利休の高弟でありキリシタン大名の高山右近に恋心を抱きますが…。
第71回文化庁芸術祭「優秀賞」を受賞した熊澤南水はその授賞理由を『前略・明瞭な発音、言葉への丁寧なアクセスを積み重ね、それをひとつの世界に昇華させた技量は、長年、朗読に真正面から取り組んできた一つの到達点である』と評価されています。
肉声という楽器が奏でる、戦国の世の悲恋を描いた今東光作の名作をお楽しみください。
熊澤南水(語り)
梶元晃司(演出)
○  ○  ○
会場・亀戸文化センター カメリアホール(江東区亀戸2-19-1)
JR総武線亀戸駅下車 徒歩2分
10月16日(月)19時開演・17日(火)13時開演
全席指定 一般4000円※未就学児は入場できません 
●問い合わせ
TEL03-5626-2121(亀戸文化センター)
TEL047-322-2229(熊澤南水友の会)

第13回市川まつり
本年も市川まつりが開催されます。市川駅前西通り商店会」「市川ビル商店会」「真間銀座会」「アイアイロード市川商店会」「市川三商会」「真間駅前通り会」の各商店会が参加します。「市川まつり」のテーマは一貫して「さわやか ふれあい」街いっぱいに音楽やパレード、ダンスが繰り広げられます。 そして、市民の方のステージ発表!日頃の練習のたまものをどうぞご鑑賞ください。
○  ○  ○
会場・市川駅の北口周辺から京成真間駅周辺において
日時・10月15日(日) 10時〜17時位まで (雨天決行)

市川春日神社祭礼
去年に引き続き、修復された勇壮な山車人形、武内宿禰(明治28年製作・江戸人形師・横山朝之作・市川三丁目春日神社所蔵)が展示されます。他にも、芋煮会、花売りなども、開催ゲーム参加者には山崎製パンのパンが配布。また本誌『いちかわギャラリー』で紹介した、能面打ち野本健三さん、橋本明義さんによる面と切り絵の武内宿禰も展示予定です。
○  ○  ○
会場・市川春日神社(市川3-20)
京成国府台駅より徒歩10分
日時・10月21日(土)、22日(日)

白幡天神社例大祭
今年も白幡天神社秋の例大祭が開かれます。子供神輿や、夜の奉納演芸。そして夜は屋台で境内が賑わいます。是非おでかけになってみてはいかがでしょうか。
○  ○  ○
会場・白幡天神社(菅野1-15-2)
京成八幡駅より徒歩10分
10月18日(水)、19日(木)

第23回曽谷縄文祭り
市川市には国指定の貝塚が三つあり、その一つが曽谷貝塚です。曽谷の貝塚は、国の指定こそ最後であったものの、東西210m南北240mの貝塚や、竪穴住居跡、縄文人のお骨、土偶や土器、そして生活用品が多く発掘され、はるか縄文から人の営みがあった場所です。
曽谷縄文まつりでは、そんな歴史深い場所でのフリーマーケット、懐かしい遊び体験、縄文時代の生活品展示、各種同好会の披露等が行われます。
○  ○  ○
会場・市川市曽谷貝塚広場(市川市曽谷2-15)
JR総武線本八幡駅からバス「曽谷」下車徒歩10分
10月8日(雨天の場合は10月9日に延期)9時30分〜15時

第15回記念公演
琵琶二人会

余韻に魅せられて
市川在住の琵琶奏者、本橋正さんと、本橋乗子さんの琵琶二人会が今年で15回を迎えます。第1回公演では「薩摩が打つ、筑前が弾く、絹糸は幽かな響きで応える」など公演毎にテーマが設けられ、演奏だけでなく舞台美術、照明などに工夫を凝らして新しい琵琶に挑戦してきました。王子ホールの公演はこれが最後。次回からまた、別の場所での公演となります。15年目の節目を迎える琵琶二人会の力強い薩摩琵琶と、軽やかな筑前琵琶の響きを是非お楽しみください。
○  ○  ○
会場・王子ホール(中央区 銀座4-7-5)
地下鉄銀座駅A12出口より徒歩1分
11月3日(金・祝)14時開演。
全席自由・ワンドリンク付 一般4000円 学生2000
●問い合わせ
TEL090-2663-2014(ぷれいす)
http://biwa2ninkai.com/

市川市民将棋大会
今年で24回目を向かえる、市民将棋大会が開催されます。藤井聡太四段が破竹の成績を残すなど、何かと話題になった将棋。学生から、有段者まで、腕がなった方も多いのではないでしょうか。
腕に覚えのある将棋指しが揃う本大会。日頃から鍛えた棋力を発揮してください。
○  ○  ○
会場・全日警ホール2階会議室(八幡4-2-1)
JR本八幡駅より徒歩10分
11月12日(日)
9時15分受付。

参加費・1500円(中学生以下1000円)※参加賞、弁当、飲み物付。
参加区分・名人戦の部(希望者)/Aクラス(有段者)/Bクラス(1〜3級)/Cクラス(4〜6級)/Dクラス(7級以下)女子アマ王位戦東関東大会(優勝者は全国大会にご招待)
●問い合わせ・申し込み
住所・氏名・電話、参加クラスを明記の上、はがき、電話、fax、メールの何れか申し込んでください。
申込期限・10月31日(火)寺下紀子宛
はがき・市川市八幡3-6-1-2103
TEL090-7833-2455
fax:047-326-5662
mama178kiko@docomo.ne.jp

―Quartetto カルテット 四重奏―
市川ゆかりの作家展の特別展

今回は四人展。毛色の違う四人の作品が、インテリアの家具などのような緩衝剤の要素がない広い空間の中で作品達が互いを干渉することなくどのように心地よく存在できるのか。そこで私たちは音を奏でるように作品作りをしようと、テーマをカルテット(四重奏)としました。音楽を今回の創作の根底において四重奏の曲を作品達が奏で上げます。異なる四人の作家が一つの空間を奏でる時、個々の作品では生み出せない何かが生まれてくるのかもしれません。
みなさま、秋の美しい日々の中、音楽とアートで奏でられた四重奏を体験しにぜひ一度足を運びくださいませ。(HAYASHI MARIKO × AK-FUJITA × KAARA × 川原昭)
会場・芳澤ガーデンギャラリー(市川市真間5-1-18)
京成線市川真間駅より徒歩12分
10月7日(土)〜10月22日(日)※10日(火)、16日(月)は休館
入場無料
●問い合わせ
TEL047-374-7687(芳澤ガーデンギャラリー)

小塚山市民の森
第23回森の音楽会

昨年好評の、矢切で演奏活動をしているCHICAGO DUKES(シカゴデュークス)のジャズ演奏を今年も森の中で聞きましょう。
【トランペット】
河上 衛
【テナーサックス】
上原 厳
【ピアノ】  遠藤 純
【ベース】  秋山 幸雄
【フルート】 河合 知子
【ドラムス】 高橋 義典
【曲目】
みあげてごらん夜の星を/テネシーワルツ 他 
【オープニング】
緑のまち合唱団・アンクルンの会
○  ○  ○
会場・小塚山公園あずまや付近 (市川市北国分1-27)
北総線矢切駅より徒歩15分
10月9日(月・祝)12時30分開演
雨天時は小塚山研修所(北国分1-27)
入場無料
●問い合わせ
TEL047-371-9528(森の音楽会実行委員会)

市川大野 本光寺
たのしいショーがはじまるよ!
市川大野の本光寺では子育て応援や地域のコミュニティ作りなど地域社会への貢献活動が積極的に行われています。たのしいショーがはじまるよ!で、気軽にお寺の敷居をまたいでみてはいかがでしょうか。
《ファンタジーマジックショー》マダム コオダさん
《なつかしい三味線民謡》
宮久保三味線クラブ
○会場・本光寺(市川市大野町3-1695-1)
JR武蔵野線市川大野駅より徒歩3分
10月23日(月)14時
入場無料
●問い合わせ
TEL080-2132-8077(松田)

市川市芸術祭・文化祭
第35回 謡と仕舞の会

爽やかな秋風の下、しばしの幽玄の世界をお楽しみください。
【予定演目】
観世流(市謡会)鶴亀
長野 親義 山下佳門 他
観世流(紫香会)
菊慈児童 庄司廣茂 小林照司他
観世流(紫香会)浮舟
萩原法子 伊藤佳子 他
○  ○  ○
会場・市川市文化会館 小ホール(市川市大和田1-1-5)
JR本八幡駅より徒歩5分
10月15日(日)9時50分開演
入場無料
●問い合わせ
TEL047-372-4403(市川市能楽連合会・斉藤)

市川市芸術祭 
市響 「合唱の集い」

ヴェルディ レクイエム 歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲他
○  ○  ○
会場・市川市文化会館 大ホール(市川市大和田1-1-5)
JR本八幡駅より徒歩5分
10月15日(日)14時開演
入場無料
●問い合わせ
TEL047-339-3554(市川交響楽団協会・篠田)