梅雨と夏至   
2017年は6月の初旬から梅雨に入るようです。雨が多く、皆さんも気が滅入る時期なのではないでしょうか。梅雨は、東アジアにおいてみられる地域特有の気象で、5月から7月にかけて毎年めぐって来る曇りや雨の多い所謂雨季の事。農家では田植えが始まる時期でもあります。またこの梅雨の期間中の夏至は二十四節気のうちの一つ。一年で一番昼が長い一日を差します。昼の時間は約15時間弱で、早朝5時前から明るくなり、夜は7時頃まで日が暮れないという長さ。
とはいえ梅雨に入っている時期のため、夏を感じる晴天に恵まれることも少ない時期です。ともすれば、雨降りのせいで冬よりも昼が短いと感じる方も多いでしょう。しかし、夕暮れになっても秋のようなつるべ落としではなく、緩やかな薄闇が時間をよるに転換してゆく空は、これから始まる大暑を予感させます。梅雨が終わり、夏至で最長になった日の長さへと一気に転換されて、万を辞して夏になる劇的な時期なのではないでしょうか。

宗左近 詩碑建立
1周年記念行事
「市川と宗左近」

詩人で美術評論家でもあった宗左近さんの没後10年と詩碑建立1周年を記念した、「市川と宗左近」が開催されます。宗さんは縄文の人と芸術を深く敬愛し、また縄文人の残り香が市内に多く点在する市川を愛しました。
宗さんが、一目で気に入ったという江戸川の流れを望む里見公園に立てられた詩碑は、彫刻家の中村ミナトさんが制作し市川讃歌「透明の蕊の蕊」の一節が刻まれています。本行事では「市川讃歌透明の蕊の蕊」のソプラノ合唱のほか、記念対談、関連イベントなども行われます。
●記念対談「宗左近と歩んだ市川の文化を語る」
能村研三(元市川市文化部長)
田草川信慈(元市川市行徳支所長)
●市川讃歌「透明の蕊の蕊」(作詞宗左近 作曲三善晃)ソプラノ独唱・木村珠美(市川オペラ振興会)ピアノ 鈴木珠美
●関連イベント
記念パネル展示
宗左近詩碑建立までの記録、在りし日の宗左近の姿をパネル展示します。
日時・6月16日(金)11時〜18日(日)18時
宗左近詩碑の背面に山茶花の植栽を行います。
日時・6月17日(土)10時30分〜11時30分
○  ○  ○
会場・市川市アイ・リンク交流ラウンジ45階(市川市市川南1-10-1 ザ タワーズ ウエスト)
6月17日(土)15時〜16時30分
参加費無料
JR市川駅より徒歩3分
●問い合わせ
TEL090‐1732‐4653(宗左近 蕊の会伊東)

ふれあう心 思いあるふるさと「曽谷ふるさと朝市〜18周年記念〜」
曽谷で、平成11年から始まった「曽谷ふるさと朝市」。人と人のふれあい、地域の活性化、交流の場として定着しています。
地元の農家や菜園でとれた野菜や果物、自慢の腕で作った食べ物、その他の魚介類・花・植木・日用品・衣類・陶器などを、毎月一回販売していますので、曽谷のふるさとの風景に足を運んではいかがでしょうか。
○  ○  ○
会場・春日神社境内(曽谷2-3)
6月4日(日)
7時〜10時(毎月第一日曜日)
※1ブース(1坪程度)1000円で、出店者の募集もしています。
JR市川駅より市営バス国分線市41・42国分高校行・曽谷橋下車徒歩14分
●問い合わせ
TEL047-372-3031(曽谷ふるさと会)

市川をもっと知ろう!
(ボランティアガイド市川案内人の会)
将門伝説を訪ねて
平将門の伝説が多く残る市川大野では、成田山に詣でる事を厭う方がいる程、将門が親しまれています。そんな将門伝説が多く残る市川大野を散策します。昼食・飲み物は各自持参。動きやすい服、歩きやすい靴にておこしください。
JR市川大野駅より、万葉植物園、大野城跡、転満天神宮、本光寺など大野各地を散策(コース約8q)
集合・JR市川大野駅改札口周辺(市川市大野町3丁目)
6月13日(火)10時〜15時
参加費無料※動物園入館料430円(市川に在住する65歳以上の方は無料)
●問い合わせ
TEL047-324-7751(市川観光・物産案内所)

八幡[飾八幡宮
夏越の大祓式
(茅の輪神事)

6月の「夏越の祓」で行われる「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」は注連縄を張った結界内に茅で編んだ大きな輪を建て、ここを正面から最初に左回り、次に右回りと 8字を描いて計3回くぐることで半年間に溜まった病と穢れを落とし残りの半年の無事を祈るものです。八幡葛飾八幡宮で行われる大祓は、丁度薄闇に差し掛かる頃に始まり、厳かな雰囲気の中で人々が粛々茅の輪を潜る風景は非常に神秘的です。年の折り返しに、これまでたまった厄を落としてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。
○  ○  ○
会場・八幡葛飾八幡宮(市川市八幡4-2-1)
6月30日(金)18時〜入場無料
JR市川駅より徒歩5分
●問い合わせ
TEL047-332-4488(葛飾八幡宮)

市役所建て替えイベント
消防フェスタとみんなのお祭り

2022年に、八幡に市川の新市庁舎が誕生します。それに伴い昭和34年の第一庁舎完成以降、市民に親しまれてきた本庁舎が役目を終える事になります。
そこで、6月に「市役所建て替えイベント 消防フェスタとみんなのお祭り」と題し、消防総合訓練や消防士体験、縁日などのイベントが行なわれます。市庁舎の移り変わりを前に、是非ご家族で足を運ばれていはいかがでしょうか。
イベント(予定)
●消防フェスタ 消防総合訓練(見学)/消防音楽隊ミニコンサート/消防車両などの展示・試乗/消防音楽隊&共演団体演技/他  
●みんなのお祭り 庁内探検スタンプラリー/縁日広場/わんぱく広場/動植物園写真展/リユース市/市長室体験/キャラクターとの写真撮影会//グッズ販売/野菜の直売/飲食物の販売、他
○  ○  ○
会場・市役所本庁舎(八幡1-1-1)
6月3日(土)10時〜(荒天の場合は翌日に延期)
入場無料
JR市川駅より徒歩5分
●問い合わせ
TEL047-334-1112(財政部 管財課)

いちかわ環境・防災フェア2017
毎年開催されている「いちかわ環境フェア」が、本年度「いちかわ環境・防災フェア2017」と名称を変え、ニッケコルトンプラザと千葉県立現代産業科学館で開催されます。
近年、地球温暖化の影響と思われる集中豪雨等の災害への対策の重要性が増していることから、今年は新たに「防災会場」を設け、内容、会場を拡大しての開催となります。企業による参加型イベント、さらに降雨体験車や次世代自動車の展示なども行われる予定です。
●環境会場
パネル展示・クイズに答えて環境活動団体、市内事業者のエコ活動について学ぼう!他
●ステージイベント
ウルトラマン×らんま先生サイエンスエコステージ♪・市川乙女ライブ♪ 千葉県警音楽隊の演奏♪ 京葉ガスエコビンゴ大会♪他・スタンプラリーテントをまわってスタンプをあつめて、ステキな景品をGETしよう!!
会場・ニッケコルトンプラザ(環境会場・市川市鬼高1-1-1)
千葉県立現代産業科学館(防災会場・市川市鬼高1-1-3)
※駐車場ではスケアード・ストレイトの自転車交通安全教室を行います。
6月4日(日)10時〜
入場無料
JR本八幡駅より徒歩10分
●問い合わせ
TEL047-712-6305(環境部 環境政策課)

アイ・リンクスカイコンサート
45階からの景色とともに…入場は無料です。お友達やご家族とお足を運んでみてはいかがでしょうか。
【出演】金管アンサンブルBliss
市川市を中心に活動し、依頼演奏、施設への訪問演奏、自主開催演奏会で、金管楽器ならではの重厚で迫力ある音楽を届けるグループです。
【曲目】(予定):クラシック・ポップス・オリジナル曲ほか。
アイ・リンク スカイコンサートは偶数月は様々なジャンルの団体による趣向を凝らしたコンサート、奇数月は今までどおりの市川市文化振興財団新人演奏家コンクール受賞者によるコンサートを実施しています。
○  ○  ○
会場・アイ・リンクタウン展望施設(市川市市川南1-10-1 ザ タワーズ ウエスト 45階)
6月11日(日)14時開演
入場無料
JR市川駅より徒歩3分
●問い合わせ
TEL047-711-1142(観光交流推進課)

芳澤こどもコンサート
【出演】
●内田智子 うちだともこ (ソプラノ)
第27回市川市文化財団市川市新人演奏家コンクール優秀賞受賞。
クオーレドオペラ「修道女アンジェリカ」でタイトルロールデビュー。
●河内知子 かわちともこ (ダンス)
ダンスパフォーマンスグループfreelineのメンバーとして様々な舞台に出演。コンテンポラリー、ストリートダンスも学ぶ。最近ではミュージカルの振り付けなどもこなす。
●菅谷詩織 すがやしおり (ピアノ)
クラシックベースな感性であらゆるジャンルにおいてコンサート、テレビ、ラジオなどで演奏活動をする傍ら、オリジナル楽曲制作や、主にピアノや鍵盤ハーモニカ向けの編曲などを行う。
○  ○  ○
会場・芳澤ガーデンギャラリー(市川市真間5-1-18)
6月1日(木) 11時開演
全席自由500円 こども無料。
JR市川駅より徒歩15分
●問い合わせ
TEL047-374-7687(芳澤ガーデンギャラリー)

響演〜弦の音色に舞う〜
コンテンポラリーダンスX室内楽の演奏会。市川市市民サポーター活動10周年記念の特別演奏会です。
【出演】
後藤かおり(コンテンポラリー ダンス)
倉冨亮太(ヴァイオリン)
稲生亜沙紀(ピアノ)
山澤 慧(チェロ)
【曲目】
バッハ:シャコンヌ
徳山美奈子:ムジカナラ
黛敏郎:文楽
ラヴェル:ピアノ三重奏曲 ほか
○  ○  ○
会場・市川市文化会館 小ホール(市川市真間5-1-18)
7月1日(土) 14時開演全席指定 1000円(ローズメンバーズは100円引)
●問い合わせ
TEL047-379-5111(市川市文化振興財団)

みどりの寺子屋・田植えと生きもの観察
「緑のみずがき隊」は「北方(ぼっけ)生きもの子どもミニ自然園」と北方遊水池(大柏川第一調節池緑地)で活動するボランティアグループです。失われつつある身近な水辺の自然環境を復元し、自然環境の保護に対する意識を高めるとともに、子どもたちをはじめ多くの人たちに直接自然と触れ合える場所を提供するための活動をしています。
今年はとり年。市川の民
話にもいろいろな鳥が出てきます。「国府台」の地名のいわれになったコウノトリ、「いんねえのじゅえむどん」の笑い話に出てくるカラスやタカ、フクロウにまつわる「ぼろきてほうこう」の悲しい話。市川民話の会の語りで鳥にまつわる民話を中心にお届けします。
○  ○  ○
会場・北方遊水池 大柏川第1調節池緑地ビジターセンター(北方町4-1444-59)
6月17日(土)10時〜正午、雨天決行。(雨天時は翌日(18日)に延期。)
JR本八幡駅・京成八幡駅よりバスで大野中央病院下車)
参加費1人100円(保険料など)。事前申し込み不要。・小学生以下は保護者同伴でご参加ください。
●問い合わせ
TEL090-8777-7186(森角方)

歴史博物館で遊ぼう「昔の遊び体験」
歴史博物館では、毎週土・日曜日の午後に、「昔の遊び体験」を行っています。材料や道具は用意してあるので、気軽に遊びを体験できます。
○  ○  ○
会場・市川歴史博物館(千葉県市川市堀之内2-27-1)
毎週土・日曜日13時30分〜
入場無料
北総鉄道 「北国分駅」下車、徒歩10分・京成バス「堀の内三丁目」下車、徒歩5分
●問い合わせ
TEL047‐373‐6351(生涯学習部 歴史博物館)

いちかわ観光・物産案内所「鉄魚(てつぎょ)」
テツギョ(鉄魚)とはフナ科の1種で、体長は15p程度。鉄錆色をした美しいその体色から鉄魚と呼ばれており、コレクターが品評会などを開催する程で、国の天然記念物にも指定されています。いちかわ観光・物産案内所の鉄魚の愛称は鉄ちゃん(三匹)。職員の方が愛情をもって育てており「どんどん大きくなっているのよ」との事。鉄ちゃんは観光物産交流をしているご縁で宮城県加美町から贈られたもので加美町にある魚取沼(ゆとりぬま)は鉄魚の生息地として知られていて、鉄魚愛好会のみなさんが純粋種の保存に取り組んでいるそうです。また案内所では加美町の特産品も販売中です。観光マップ・ガイドブックなど、市内の情報はかなり揃いますので、市内を巡る際には一度立ち寄ると安心。思わぬ発見もあるかもしれません。
○  ○  ○
会場・いちかわ観光・物産案内所(市川1-1-1)
毎月第1月曜日休館 10時〜16時
入場無料
JR市川駅北口から徒歩1分
●問い合わせ
TEL047-324-7751(いちかわ観光・物産案内所)
会場・ART SPACE 繭(東京都中央区京橋3-7-1)
6月1日〜6月10日(日曜休廊)11時〜19時
入場無料
都営浅草線宝町より徒歩5分
●問い合わせ
TEL03-5361-8225(ART SPACE 繭)

チャレンジド・ミュージカル第11回公演
「歌舞伎迷作面白双六」出演者大募集!
「障がい者よ、もっと街に出ておいで!」「障がいのある人もない人も、一緒に、自由に、楽しく、面白いことをしよう!」と、2005年12月から始まったチャレンジド・ミュージカルが一昨年10周年を迎えました。
本年より2年に一度の開催となり、更なる挑戦をめざして、新装開店・出血大サービスのチャレンジド歌舞伎に挑戦することになりました。日本の伝統芸能である歌舞伎の名作をチャレンジド風に改作・迷作、一緒に楽しんでみませんか。千葉県内より出演者100名を募集します。
○  ○  ○
出演者募集定員・障害のある方もない方も、子どもから大人まで100名
出演参加費・20000円(家族割引一人3000円)+保険料500円
稽古開始・7月9日(日)
11時〜16時(毎週日曜日・後半土曜日もあり)
稽古会場・須和田の丘支援学校、やまぶき園、南行徳公民館
公演日・2017年12月8日(土)・9日(日)市川市文化会館小ホール 3回公演
12月16日(土)千葉県文化会館大ホール 1回公演
※いちぶんネット「歌舞伎迷作面白双六 出演者・サポーター募集」のページにて応募シートがダウンロードできます。詳しくはHPをご覧いただくか、お問い合わせください。
●問い合わせ・申し込み
TEL047-369-7522(舞台芸術製作部)
ichi_bun_net@yahoo.co.jp
HP・ichibun.net(「市川市民ネットワーク」で検索してください。)