いちかわネット

日蓮宗の荒行(面会日)
中山法華経寺大荒行堂にて、毎年十一月一日から翌二月十日まで行われる寒壱百日間日蓮宗大荒行は世界三大荒行の一つと言われていわれる過酷なものです。荒行僧の一日は、早朝二時に起床する所から始まり、一日七回寒水に身を清める「万巻の読経」「木剣相承」相伝書の「書写行」があり、食事は朝夕二回の梅干し一個の白粥。お付き合いのある御坊は「一般の皆さんは、僧が荒行を続ける内に心が研ぎ澄まされて清浄になり、無我の境地に段々至っていかれるのでしょうね、と言われるのですが、自分自身が今まで向き合う事の無かった己の内面と向き合う修行でもあるのです」とおっしゃっていました。かように凄まじい荒行ですが「一回ではまだまだ、三行(三回)行に入って一人前」などという話も聞き、驚愕するばかりです。そんな荒行にもなんどかの面会日があり、一月の後半のこの時も法華経寺の参道は多くの人で賑わいます。出店なども出ましてちょっとしたハレの日といった趣です。

真間山弘法寺
節分会

立春が始まる節目の日「節分」といえば豆撒き。邪気を追い払うために、節分には古くから豆撒きが行われてきましたが、真間山弘法寺では、同市内日蓮宗大本山の中山法華経寺に倣い「鬼は外!」と言わないのが特徴・本殿前に「桟敷(さじき)」を設営し、当山住職導師のもと、千葉県北部の修法師が御祈祷を行い、幕内力士松鳳山を始めとした、二所ノ関部屋一門と共に「歳男・歳女」が豆をまきます。邪気を祓い、良い一年の最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。※歳男・歳女(生年が本年干支に当たる方)でない方でも、二所ノ関部屋一門と共に豆を蒔くことが出来ます。詳細は真間山弘法寺まで。
○  ○  ○
会場・真間山弘法寺(千葉県市川市真間4-9-1)
2月3日 (土)
法要・14時〜
豆まき・14時30分頃
申込奉納金:20000円
(御祈願料・木札・記念品・貸衣装 等含む)
JR市川駅より徒歩15分
京成市川真間駅より徒歩10分
●問い合わせ
TEL047-371-2242(真間山弘法寺)

第10回 いちかわ街かど美術展
「いちかわ街かど美術展」は今年で10回目を迎えます。市川に在住・在学・在勤の方の作品を集めた市民参加型美術展という他の展示会には無いアプローチは、毎回非常に好評です。2017年度に応募された応募作品はすべて展示されます。格式高い美術展とは一線を画す、だれでも親しめる美術展でお知り合いの作品を探してみてはかがでしょうか。
会場・市川市文化会館 展示室
2月18日(日)〜25日(日)
10時〜17時※最終日のみ10時〜15時
入場無料
【お問い合わせ】
市川市文化会館
TEL047-379-5111

第八回 中山のおひなまつり
2月16日から、JR下総中山駅からまちなかの商店、法華経寺、奥之院、若宮まで中山がおひなまつり一色になります。中山の町約80カ所に「七段飾り」や「つるしびな」などを展示。歴史ある街並みを巡りながら、おひなさまを鑑賞してみませんか。スタンプラリーや、甘酒・お汁粉無料接待、紙芝居など、期間中多数のイベントが開催されます。
○  ○  ○
会場・JR下総中山駅〜まちなかの商店、法華経寺、若宮までの周辺地域
2月16日(金)〜3月4日(日)会期中の詳しいイベント等はお問い合わせください。
展示時間 10時〜16時
●問い合わせ
TEL047-333-6147(清華園)
金・土・日曜日のみ開館※開催期間中は毎日開館
http://ameblo.jp/nakayamaohinamaturi

緑の楽交・春の水辺の自然観察
「緑のみずがき隊」は「北方(ぼっけ)生きもの子どもミニ自然園」と北方遊水池(大柏川第一調節池緑地)で活動するボランティアグループです。失われつつある身近な水辺の自然環境を復元し、自然環境の保護に対する意識を高めるとともに、子どもたちをはじめ多くの人たちに直接自然と触れ合える場所を提供するための活動をしています。今回は緑の楽交は春の水辺の自然観察。カエルの卵塊・おたまじゃくしや草花など、ミニ自然園と北方遊水池で春を見つけます。
○  ○  ○
会場・北方ミニ自然園(市川市民プール前)
JR本八幡駅・京成八幡駅よりバスで「大野中央病院」下車
●2月17日(土)10時〜正午。雨天中止。
参加費1人100円(保険料など)。
小学生以下は保護者同伴でご参加ください。
汚れてもいい服装・運動靴で来てください。双眼鏡があれば、お持ちください。
●問い合わせ
TEL090-8777-7186(森角)

舞踏家・東千恵(90才)
第2回創作人形展

舞踏家として活躍される東千恵さんの人形展が開催されます。
「たまたま見た伝統工芸展での創作人形にあこがれて、絵を描くのではなく更に立体化した人形を創りたくなりこの道に入ったのでした。作品は荒っぽい素人丸出しの人形ばかりですが、動の世界での本業と、静の世界の趣味である人形創作の両道を歩く楽しさを味わえている幸せの現在です。」と東さん。その創作の世界をお楽しみください。
○  ○  ○
会場・東千恵フラメンコスタジオ(市川市須和田2-24-9)
会期・3月10日(土)〜3月13日(火)
10時〜18時(最終日のみ10時〜16時)
入場無料
TEL090-5754-5626(東千恵フラメンコスタジオ)
天空の文化祭・2018
市川市の芸術活動を行う皆さんを集めた芸術文化集会が今年も開催されます。芸文協(市川市芸術文化団体協議会)第24回を迎える本イベントは、市川駅前のアイリンクタウン展望施設を舞台に、市響やオペラ振興会によるコンサート、オペラ、朗読劇、民話、合唱、舞踊などの多様なプログラムが行われます。また、展望・夕暮れ・夜景コンサートは45階の展望を背景に行われ非常に見ごたえ、聴きごたえのあるものになっています。年に一度の文化祭で、心と体に潤いを補給してみてはいかがでしょうか。
○  ○  ○
会場・アイリンクタウンいちかわザ・タワーズウエスト展望施設(市川駅南口)
市川駅南口徒歩2分
2月16日(金)〜18日(日)
詳しい公演プログラムはお問い合わせください。
入場無料(椅子などはありません・ご留意ください)
●問い合わせ
TEL047-334-7832(酒井)
main@ichikyo.org(市川市芸術文化団体協議会)
TEL047-300-8020(市川市文化振興課)

アイ・リンクスカイコンサート
45階からの景色とともに…入場は無料です。お友達やご家族とお越しください。今回の催しは葛飾八幡宮例大祭の他、八幡近隣の祭礼や行事などへの参加、子ども達へのお囃子体験会を通じて、 地域の方々にお囃子の伝統を広める活動をしている八幡囃子保存会によるお囃子の演奏会。体験会も開催されます、この機会に日本の伝統と文化にふれてみてはいかがでしょうか。
【出演】八幡囃子保存会
【演目】(予定):切囃子、両面任羽、獅子舞い 来場者のお囃子体験会も実施予定。
○  ○  ○
会場・市川市アイ・リンクタウン展望施設(市川南1-10-1 ザ タワーズ ウエスト45階)
2月11日(日)14時開演
入場無料
●問い合わせ
市川市観光交流推進課
TEL047-711-1142

市川交響吹奏楽団
市川交響吹奏楽団は、1960年に結成以来、市川交響楽団協会の下、利益を得る団体でも、ただ自分中心の趣味だけを満足させるクラブでもなく、健全な音楽を通して、自分たちの 喜びを少しでも多くの人に分け与えようとしている奉仕団体です。今回のコースはベートーヴェン。「レオノーレ」序曲第3番、ピアノ協奏曲第3番、交響曲第3番「英雄」でお楽しみください。
○  ○  ○
会場・市川市文化会館大ホール(市川市大和田1-1-5)
JR本八幡駅下車徒歩10分
3月3日(土)15時開演
●問い合わせ
TEL090-2768-8061(市川交響楽団協会)

じゅん菜池 梅まつり
じゅん菜池、そしてその周囲には豊かな自然が残ってます。2月の梅の季節に日本の季節を楽しむ梅まつりが開催されます。午前は市川市消防局音楽隊の演奏や、住宅用火災警報器展示・相談、AEDの解説相談。そして大人だけでなく、子供達のためにもやきそば、無料綿あめサービス、ポップコーン、甘ざけなどの模擬店も用意。バザーも行われます。午後には太鼓やジャズフェスティバルなども開催されます。是非春の足音を、そして冬の終わりを感じてください。
○  ○  ○
会場・じゅん菜池緑地(中国分4-27)
JR市川駅または京成国府台駅から 「国分操車場」行きバス⇒「じゅん菜池」下車 ・北総鉄道矢切駅から徒歩約10分
2月25日(日)9時30〜14時(小雨結構)
入場無料
【問い合わせ】
TEL047-373-5711(中国分自治会)

平成二十九年度市川市芸術文化祭参加作品
雪やこんこん

〜湯の花劇場物語〜
消滅寸前の旅一座、女座長・中村梅子 起死回生の大芝居!「裸で横に歩く奴が栄えて、まっすぐ芸で押してきた者がバカをみる世の中は認めない。この頭の上の空に日光、月光そして星の光と、三つの光があるうちは、どう落ちぶれようと、中村梅子、役者としての魂をくもらせたくない料簡だぁ!
○  ○  ○
会場・市川市文化会館大ホール(市川市大和田1-1-5)
JR本八幡駅下車徒歩10分
2月3日(土)
Aプロ11時〜
Bプロ15時30分〜
2月4日(日)
Bプロ11時〜
Aプロ15時30分〜
全席自由2000円
●問い合わせ
TEL047-369-7522(いちかわ市民文化ネットワーク)

第73回市川花道協会
いけばな展

いちかわ花道協会のいけばな展が今年も開催されます。半世紀以上の歴史を持つ由緒ある市川花道協会ではありますが、いけばな展では小学生、中学生などの新しい風を吹き込む作品も展示。新旧の華道家達のフレッシュかつ、枝の細部まで心の行き届いた`今aの市川の花道をお楽しみください。
○  ○  ○
会場・市川市文化会館地下展示室・大会議室 (市川市大和田1-1-5)
JR本八幡駅下車徒歩10分
3月2日(金)〜3月5日(月)10時〜17時入場無料
●問い合わせ
TEL047-370-3608(市川市花道協会・倉持)

江戸川の河津桜
2月の下旬、市川南4丁目の河津桜が開花をむかえます。市川側の江戸川堤防上にあるこの42本の河津桜は市民の寄付によって、植樹されたもの。早咲きの桜という事もあり一足先に春の気配を市川に届けます。
○  ○  ○
会場・市川南4丁目江戸川防堤
JR市川駅より徒歩15分
2月下旬より3月上旬(開花時期は変化する可能性があります。)入場無料

歴史博物館 発見 体験 昔のくらし
市川市堀之内の歴史博物館では主に昭和の衣・食・住に関する道具の移り変わりを展示する企画展を開催しています。大人は「なつかしい」と感じ、子どもは「何これ!?」と感じるものがたくさんあります。三世代に渡って楽しめる展示、見て、触って、体全体で「昔の暮らし」を体験してください。また常設展示では、鎌倉時代からの市川の歴史や文化を紹介。とくに海辺と台地、水路と陸路などの地形を生かした市川の生活や生業 (塩づくり、海苔の養殖、米づくり、梨づくりなど)を、郷土コーナーでは市川にかかわる人物や民俗行事などをとりあげています。
○  ○  ○
会場・市川歴史博物館(市川市堀之内2-27-1)
北総鉄道 「北国分駅」下車、徒歩10分 京成バス「堀の内三丁目」下車、
徒歩5分
〜2月18日(日)
9時〜16時30分
入場無料
●問い合わせ
TEL047-373-6351(市川歴史博物館)

百田稔作品展
放浪のお絵かきおじさんが「プレゼント」用に描いた不思議な絵の数々。初のお披露目です。
○  ○  ○
会場・郭沫若記念館(市川市真間5-3-19)
京成市川真間駅より徒歩約16分
2月16日(金)〜18日(日)/2月23日(金)〜25日(日)/3月2日(金)〜4日(日)10時〜16時入館は閉館30分前・最終部は15時30分閉館)
●問い合わせ
TEL047-374-7687
(芳澤ガーデンギャラリー)