東京外かく環状道路
ついに市川に東京外かく環状道路が開通します。停滞していた工事が進行しはじめた2010年くらいからは、進捗の遅れこそあったものの一つの歴史の大きな流れを感じもしました。この大工事が平成最後の都市に完了するという事にも様々な想いが去来します。 
東京外かく環状道路は、元を辿れば半世紀も前に計画された計画で、敗戦後の日本のインフラを整える事を目的として発起されたようです。1970年の事業凍結から1999年の再開。また市川区間では反対運動など様々な出来事もありました。これらの出来事を経て6月2日に開通するこの道路によって、我々の生活もまた変わって行くのではないでしょうか。既に日常になっていた工事の音や、道の変更、工事用のトラックが消え去り、日常の風景となった道路や、交通量、歩道橋と共に日常が続いていきます。

ふれあう心 思いあるふるさと「曽谷ふるさと朝市〜19周年記念〜」
曽谷で、平成11年から始まった「曽谷ふるさと朝市」では地元の農家や菜園でとれた野菜や果物、自慢の腕で作った食べ物、その他の魚介類・花・植木・日用品・衣類・陶器様々な品物が春日神社の境内に並びます。すっかり定着したこの朝市。地域での結びつきが薄くなる昨今ですが、町の特色や住んでいる人々を知り、交流して楽しむ事で日常をよりよい物にしてみてはいかがでしょうか。
毎年行われるお楽しみ抽選会ですが、今年も自転車等の特賞を初めとして様々な商品が揃えられています。
○  ○  ○
会場・春日神社境内(曽谷2-3)
毎月第一日曜日・7時〜10時開催
19周年記念は6月3日(日)
※1ブース(1坪程度)1000円で、出店者の募集もしています。(申込み・TEL090-6950-5795 浮田まで)
●問い合わせ
TEL047-372-3031(曽谷ふるさと会)

室礼講座
室礼とは「端午の節供」や「ひな祭り」、「節分」「お正月の餅花」のように季節に合わせた様々な物を飾る事を指します。昨今では、メジャー所のお雛様を飾る家も減っている状況ではありますが、四季がある日本で、季節の移り変わりを意識し、受け継がれてきた室礼をととのえる事で、豊かな心になってみてはいかがでしょうか。今回の講座では、七夕の節供として七夕人形とすくい網を作り短冊などとともに笹飾りを作ります。
○  ○  ○
会場・相田みつをギャラリーサロン・ド・グランパ(市川市真間1丁目5-7 市川サニーマンション 1F)
6月27日(水)13時〜
TEL047-324-0404(相田みつをギャラリーサロン・ド・グランパ)

葛飾八幡宮
夏越の大祓式

(茅の輪神事)
6月の葛飾八幡宮にて「夏越の祓・茅の輪くぐり」が行われます。季節の移り変わりの時期に行われるこの神事では注連縄を張った結界内に茅で編んだ大きな輪を建て、くぐることで半年間に溜まった病と穢れを落とし残りの半年の無事を祈るものです。また、行事の風景も非常に美しいものになっています。
粛々と進められる神事に参加する事で、2018年の後半へ向けて気持ちを一新してみてはいかがでしょうか?
○ ○
会場・葛飾八幡宮(市川市八幡4ー2-1)
6月30日(土)18時〜入場無料
JR市川駅より徒歩5分
●問い合わせ
TEL047‐332‐4488(葛飾八幡宮)

いきいき春輝祭
「いきいき生きがいプロジェクト@いちかわ」は、2017年に地域に密着し、市川市にある「まち・ひと・しごと」の活用と関係づくり、介護の必要のない健康長寿のための「心や体のときめき」の提案をすべく立ち上げられました。本活動はいきいきと暮らせる街いちかわを健康長寿日本一に!を目標に年二回のイベント、講演、出張セミナーなどが行われています。今回の「いきいき春輝祭」は、元気な高齢者のための健康長寿のための様々な楽しみ、健康チェックなどを提案するイベントの第2回となります。脳トレや観劇、メイク・ヘアセット、スマートフォンの使用講座など、多数の講座が用意されています。
○  ○  ○
会場・全日警ホール2階会議室(市川市八幡4丁目2-1)
6月1日(金)10時30分〜15時30分
入場料・500円※各講座では、別途料金が発生するものがあります。
●問い合わせ
ikiikinagaiki@gmail.com

市川のさんぽみち
四季折々の市川をガイドします。街を歩いてみたい方、是非お問い合わせください。真間・八幡・
中山・大野・行徳など歴史、自然、文学ギャラリー巡り等楽しい出会いがいっぱいです。
○  ○  ○
受け付け・市川観光・物産案内所(市川市市川1-1-1)にて、ボランティアガイド案内人の会にお声がけください。
●問い合わせ
TEL047-324-7751(いちかわ観光・物産案内所)

緑の楽交・緑の楽交・ツバメのふしぎ大発見
「緑のみずがき隊」は「北方(ぼっけ)生きもの子どもミニ自然園」と北方遊水池(大柏川第一調節池緑地)で活動するボランティアグループです。今月の緑の楽校はツバメの不思議大発見。身近なツバメの基本を知り、そのふしぎな生活について、繁殖しているツバメを見ながら考えてみましょう。
会場・大柏川第一調節池緑地ビジターセンター。(JR本八幡駅、市川大野駅からバスで「大野中央病院」下車)
JR本八幡駅・京成八幡駅よりバスで「大野中央病院」下車
6月9日(土)10時〜正午。(雨天決行)
参加費1人100円(保険料など)。
小学生以下は保護者同伴でご参加ください。
汚れてもいい服装・運動靴で来てください。双眼鏡があればお持ちください。
●問い合わせ
TEL090-8777-7186(森角)

行徳神輿ミュージアムオープン
行徳・中台製作所は、現在では数少ない材料の選定から加工・組み立てまで一貫して行える製作所で、全国の神輿を修理・製作しています。また行徳という街も、古くから塩の道が江戸とつながり、細工の文化を育んできた街でもあります。そんな行徳の歴史・神輿を広く知って貰うためにオープンした行徳神輿ミュージアムでは行徳神輿のレプリカや他3点の神輿を展示、また、神輿の製作過程も学ぶ事ができ、建物自体も職人の拘りの逸品となっています。
○  ○  ○
神輿ミュージアム(市川市本塩21-3)
月曜〜土曜開館 9時〜午後17時
入場無料
●問い合わせ
TEL047-357-2061(中台製作所)

『行徳弁講座』DVD発売
方言聞くと、東北や沖縄などが思い浮かぶ方も多いかもしれませんが、実は市川南部の行徳にもバリバリの方言が存在しています。本DVDはそんな行徳方言を紹介。江戸と文化的にもつながっていた行徳ならではのきっぷの良い、押しの強い言葉が大量に学べます。また、本編はNHK語学講座ばりのドラマ仕立てとなっており地元市民も出演しています。
○  ○  ○
DVDは、市立小・中学校に配付するほか、市立図書館で貸出をしています。
また、市川市公式YouTube「市川市からのお知らせチャンネル」でもご覧いただけます。
【左記の場所にて配布有料(500円)】
文化振興課・市政情報センター・行徳支所総務課・文学ミュージアム・考古博物館・歴史博物館
●問い合わせ
TEL047-300-802(文化振興課)

市川動植物園 小・中学生
千葉県民の日入場無料

千葉県民の日・6月15日(金)は小中学生の入場が無料になります。気温も上がり、流しカワウソが涼やかに見えるかも。運が良ければ握手も可能!振られてしまったら、レッサーパンダやミーアキャットなど園内の動物達に慰めてもらいましょう。
会場・市川市動植物園(市川市大町284番1 外)
6月15日のみ小中学生無料
開園時間・9時30分〜16時30分
●問い合わせ
TEL047-338-1960(市川動植物園)