昭和学院

●教学館(中学・高校生徒寮)竣工式
教学館は主に女子のスポーツ活動に励む遠方の生徒のため宮久保に建てられていた寮でしたが、長年の利用により老朽化が進み、本学院は新たな広い場所に寮を新築する事を決め建設工事を進めていました。この度その工事が完成し8月9日に葛飾八幡宮名誉宮司様、禰宜様により竣工式が厳粛に執り行われました。関東地方は8月に入ると毎日のように雨が観測され、ぐずついた天候が記録的に続きましたが、竣工式当日の朝は快晴となり、まるで寮の完成をお祝いするかの様に太陽が明るく輝きました。新たな寮の場所は学校からほど近い曽谷5丁目。2階建2トーンカラーの落ち着いた魅力を持つ外装で、内装は今のライフスタイルとニーズに合った利用者ファーストの設計になっています。式典には学院関係者や建設関係者等多数が参加、今回の建設工事が無事に完了し魅力ある寮が完成した事を感謝しお祝い致しました。式典終了後、内覧会が行われ参加された関係者からは「安全」「上質」「リラックス出来そう」等の声が聞かれました。新生教学館の利用は8月末からスタートしています。
●小学校・学芸発表会を開催致します!
昭和学院小学校児童全員による学芸発表会を今年も開催致します。毎年恒例のこの発表会は児童が普段本校で学んだ事などをもとに演劇、音楽、ダンスなど学年ごとに練習し、その成果を発表するもので、毎年大変好評を頂いております。観覧ご希望の方は昭和学院小学校ホームページからお申し込み下さい。(http://www.showagakuin.jp/)本校受験をご検討中の皆様やご近所で興味がある方のご来場もお待ちしております。
【開催日時】平成29年10月7日(土)午前9時〜正午頃まで
【開催場所】伊藤記念ホール(本校隣り)
【お願い】@お席に限りがございますため定員になり次第お申し込みを締め切らせて頂く事がございますA駐車場の準備が無いため公共交通機関にてご来場下さい。


和洋女子大学

●第59回里見祭(大学祭)
11月4日(土)・5日(日)は里見祭! 今年のテーマは「虹」です。期日中は、本学とむら竹会和洋女子大学同窓会共催の第9回ホームカミングデーも開催します。4日13時からは、交流会&ミニ講演会、5日は「技あり卒業生Shop」を開催。ぜひお気軽にお越しください。
●授業体験day!
10月9日(祝日・月)、女子高校生を対象に和洋女子大学の授業を公開します。実際の授業に参加して、キャンパスの雰囲気を味わってください。施設見学や入試相談もできます。詳細は本学HPをご確認ください。
【お問い合せ】 広報・入試センター
?047-371-1127
●公開講座(受講料無料)
「漢詩を読み俳句を詠む」
10月14日(土)14時〜15時30分
【開催場所】佐倉セミナーハウス
【講師】和洋女子大学 鳥羽田重直名誉教授
【お問合せ】地域連携センター
?047-371-1473

●貴重書展示のお知らせ
メディアセンターでは、4階の貴重書展示コーナーにて「モード誌にみるアール・デコのファッション・イラストレーション」と題し、センター所蔵の貴重な資料を展示しています。資料はいずれも20世紀の初めにパリで刊行された雑誌で、手彩色のエレガントなファッション・イラストレーションが数多く掲載されています。当時のパリの洗練されたファッションとアートの世界を、どうぞお楽しみください。開館日程は、本学HP・メディアセンター開館カレンダーをご確認ください。
【お問い合せ】メディアセンター利用サービス係
?047-371-1126
ouchien.ed.jp

日出学園


●新タイプ入試
平成29年3月、文部科学省公示の「新学習指導要領」には、その基本理念である「生きる力」
をはぐくむことを実現するための具体的手だてとして、言語活動の充実などが挙げられています。もちろん、これは大学入試改革の柱の一つである、「思考力・判断力・表現力」の重視にもつながっており、今後社会で生き抜くためにも、今もっとも必要とされる能力と言ってもいいかもしれません。
そこで、本学園中学校の30年度入試の目玉として、この「思考力・判断力・表現力」を必要とする新タイプ入試を実施します。要は「自らの知識を使って考え、判断し、それをわかりやすく表現する力」を見る入試です。従来の筆記試験とは異なり、その場で問題が提示され、口頭で答えてもらうものです。時間は十分程度ですが、その限られた時間の中で、考え、言い表すことは小学校6年生には難しいかもしれません。ただ、完璧な答えを求めているわけではありません。従来の面接のように練習を重ねれば、ある程度答えられるものとは違って、あくまでも「考える」姿勢や「表現する」努力というものが大切なこととなっていきます。そして、入学後に育て、これを完成型にしていくのが本校の役割です。
出願にはいくつかの資格試験のうち一つ以上を持っていることが必要となります。(詳細は本校HPをご覧ください)
入試名は「サンライズ入試」。
直訳すれば「日出」となりますが、日本の明るい夜明けをイメージしてください。この未来を創っていくのは、若い人たちです。その若い人たちの可能性を伸ばしていこう、という目的をもった入試です。ぜひチャレンジしてみてください。

千葉商科大学

●89(やきゅう)周年記念マッチデー
8月31日、千葉ロッテマリーンズ公式戦が千葉商科大学マッチデーとして行われました。今年は本学が創立から89年を迎えたことから、89(やきゅう)周年記念と題しての開催となりました。このマッチデーは、サービス創造学部千葉ロッテ・プロジェクトの学生たちが、マリーンズのホームゲームを盛り上げ
るために、さまざまなイベントをプロデュースしています。ZOZOマリンスタジアムの内外に設置した本学のPRブースでは、オリジナルTシャツやタンブラーの販売、マリーンズ選手のサイン入りグッズが当たるチャリティ抽選会などを実施したほか、チアダンスチームglitter'sがマリーンズチアパフォーマーM☆Splash!!との共演でマリーンズの応援に華を添えました。
千葉ロッテ・プロジェクトは、マリーンズの課題解決をめざす取り組みを通じて、スポーツビジネスを実践的に学んでいます。その活動を機に、7月に発売された千葉ロッテマリーンズ語録集『下克上!?録』(編著:千葉ロッテマリーンズ/発行:セブン&アイ出版)の制作、営業にもかかわり、監督、コーチ、選手たちの名言探し、選手プロフィールの調査・編集業務をはじめ、書店向けのチラシ作成などを体験しました。ぜひお手にとってご覧ください。

●全日本武術太極拳選手権大会第1位
第34回全日本武術太極拳選手権大会に出場した政策情報学部4年小田桐咲さんが、伝統競技部門女子伝統器械で第1位の成績を収めました。この大会は東京体育館を会場に、7月7日から3日間に亘り、6競技部門38種目が行われました。小田桐さんが出場した伝統器械は、剣や槍など器械と呼ばれる武器を用いて行う自由演技を、武術としての姿勢と動作の正しさをはじめ3つの項目を審査員が採点し、得点によって順位が決定します。小田桐さんは2本の剣を使った双剣を披露し、出場した40名のトップに立ちました。
●学園祭情報
11月3日から3日間、本学の学園祭「瑞穂祭」を開催します。特設ステージでの各種イベントをはじめ、100近くの団体が模擬店や展示を行います。ぜひご来場ください。

国府台女子学

●ダンス部 ディズニーシーでの公演
9月3日(日)、秋晴れのさわやかな晴天の中、本校ダンス部が東京ディズニーシー・ドリーマーズ・オン・ステージに参加しました。ディズニーシーのシンボルである`アクアスフィア(地球儀)a前のステージでの公演で、約15分間、息の合った見事なダンスを披露しました。応援に駆けつけた家族や友人はもちろん、大勢の一般の方々にも見守られるなか、多少の緊張はあったものの、メンバー全員が日頃の練習の成果を発揮し、キャストとしてステージ上で踊ることのできる喜びをかみしめていました。観衆の喝采を受けて踊り終わった生徒たちは安堵の表情を見せ、大満足の様子。またとない貴重な体験となったようです。来年もこのステージに立てるよう、日々練習に励んでいます。

市川学園

●夏休み国際教育プログラム
夏休み期間中、市川学園ではグローバルリーダーの育成に向けて、様々な国際教育の場を設けています。
○海外研修
昨年まで実施してきた中3・高
1・2対象の英国イートンカレッジでの19日間の研修、中3・高1対象のケンブリッジ大学、オックスフォード大学での13日間の英国研修と、中3対象の18日間カナダ研修に加え、今年から先進的なアメリカでの研修としてボストン・ダートマスカレッジでの研修を始めました。8月1日〜12日の日程で高1・2を対象に、前半はボストン市内でハーバード大学やマサチューセッツ工科大学での研修を中心に行い、後半はニューハンプシャー州にあるアイビーリーグ大学のダートマスカレッジで研修を行いました。この研修では特に事前・事後研修を重視し、周到な準備のもと実り多い、充実した研修を行うことが出来ました。
○エンパワーメントプログラム
カリフォルニア大学などの大学生を講師に招き、校内で5日間様々なテーマについて英語でディスカッションを行います。生徒5〜6名に1名の講師がつき、議論の進め方や説得力のあるプレゼンテーションの手法を学びます。専門指導員による綿密なカリキュラムのもと深く考え、討議し、表現します。このプログラムを通じ、生徒の視野は海外へ、そして自分の内面へと広がります。
○トビタテ!留学JAPAN
ここ数年、本校の生徒は校内企画以外でも様々な国際研修に参加しています。その代表格が2015年より文部科学省が開始した高校生海外派遣プロジェクト「トビタテ留学!JAPAN」。世界中から集まった同年代の仲間と生活を共にし、国際感覚を身につけます。帰国後はエバンジェリスト(伝道者)として、周囲に自らの経験を広めています。

三愛幼稚園

●〜三愛幼稚園の食育〜
食欲の秋、実りの秋とも言いますが、幼稚園の園庭にはざくろやくりや柿が実り、子ども達を楽しませています。
園庭には様々な実のなる木があり、春はさくらんぼや梅、夏はびわやプラムや夏みかんやももなど、四季折々の季節の味覚を味わうことができます。子ども達は収穫を経験し、自然の恵みに感謝し、そのまま食べたり、ジュースにして味わっています。
本園では食にまつわるあらゆる活動に積極的に関わることにより、「食」に興味関心を持てるようにしています。
週4回の給食は園で調理を行う自園給食です。温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、手作りでおいしい出来立ての給食を導入しています。献立は一汁三菜を基本に、栄養バランスが良く、時には麺類やパン食などバラエティ豊かな給食で、楽しい雰囲気の中で、おいしく食べることを大切にしています。皆で一緒に楽しく食べることで食べず嫌いをなくし、食事のマナーの指導も行います。園内の畑ではキュウリやなすやじゃが芋や大根など季節の野菜を育てています。苗を植え、水やりや雑草抜きをしながら生長を観察し、収穫の喜びを体験することで、苦手な野菜に挑戦するきっかけにもなっています。自分達で育てた野菜の味は、スーパーなどで売っている野菜とは一味違うようで、調理などせずそのまま味わっても「おいしい!」「おかわり!」の声がいっぱいです。
季節ごとに行っている料理会では、園で収穫した野菜や果物を使って、子ども達がエプロンをして料理に挑戦します。1学期の料理会では夏野菜を使ったピザやぎょうざを作りました。普段野菜が嫌いと言っている子ども達も、「ピーマン、ナスも美味しい」と喜んで食べていました。
また年長組が育てたじゃが芋の収穫を祝って行っているカレーパーティーは、毎年園児が楽しみにしている園行事の一つです。年少組が野菜をきれいに洗い、年中組が皮むきをし、年長組が野菜を切り全園児でカレーを作ります。
その他これからは芋掘り、餅つき、鏡開き、豆まき、ひな祭りなど、年間を通して食にまつわる伝統行事を大切にし、子ども達と一緒に体験し伝えています。
本園では食育を心身ともに健全な子どもの成長を願う保育の一環としてとらえ、味覚が発達するこの時期に、三愛幼稚園での食体験が、成長してからも正しい食べ物の選択ができるように育って欲しいと願っています。
●ファミリーコンサート
幼稚園では毎年様々な音楽家を呼んでファミリーコンサートを行っています。今年度は、ピアノ、フルート、バイオリン2名、チェロの本格的な室内楽の響きを楽しんでいきたいと思います。曲は子ども達が大好きな、ディズニーやジブリの曲などから、クラシックの名曲まで。親子で一緒に楽しめるコンサートです。
一般の親子の参加も受付けております。ご希望の方は三愛幼稚園までご連絡下さい。
【日時】10月12日(木) 10時40分〜11時30分
【場所】三愛幼稚園ホール
◎園庭開放
【日時】11月4日(土)9時〜12時
事前予約は不要です。当日はお子様だけでのご入場は出来ません。保護者の方とご一緒にお越しください。
【お問い合わせ】学校法人市川東学院 三愛幼稚園
?047-373-7272
http://www.sanaiyouchien.ed.jp  三愛幼稚園 で検索