昭和学院
●短期大学

オープンキャンパスやってます 
 本短期大学ではオープンキャンパス、SHOWCAMPUSが3月からスタートしています。オープンキャンパスは入退場が自由でご予約も不要なので是非お気軽にお越し下さい。(ご予約されますと当日の受付がスムーズです)個別相談はもちろん、詳しい入試情報や進路状況など皆様が知りたいと思う事に一生懸命お答えします。【オープンキャンパス】5月19日(土)大学を知ろう其の二・6月16日(土)大学を知ろう其の三、開催時間は13時〜15時。7月以降も9回のオープンキャンパスを予定しています。詳しくは本短期大学ウェブサイトをご覧下さい。SHOWCAMPUSはオープンスクールとは一味違うフレキシブルな内容です。学科専攻ごとに開催されるミニイベントや在学生とのフリートークなど、きっと楽しみながら本短期大学を知って頂けるはずです。SHOWCAMPUSは完全予約制です。本短期大学ウェブサイトからお申し込み下さい。
https://www.showagakuin.ac.jp/
【SHOWCAMPUS】6月2日(土)・7月7日(土)・12月8日(土)・2月9日(土)、開催時間は13時〜15時。
●短期大学 公開講座のご案内
 本短期大学ではタイムリーで役立つ様々な公開講座を定期的に開催しています。今回ご案内する講座は「健康長寿の知恵袋〜備え(本講座で勉強)あれば憂いなし(病気知らずの健康長寿)〜」です。講座は第1回「予防」5月12日(土)・第2回「初期対応」6月9日(土)・第3回「疾患と対処」7月14日(土)の全3回です。健康セルフチェックからスタートし、肩こり冷え性の予防、健診データの読み方、最終日はクイズなどを交えながら糖尿病、高脂血症、肥満への対処法などを分かり易くお話しします。
【講師】北里大学卒・医学博士・本学院特任教授國香清
【会場】昭和学院短期大学本館304教室
【時間】13時30分〜15時00分
【資料代】500円/回。
【お申込み】受講申込書によりFAXまたは電話にて(受講申込書は本短期大学ウェブサイトにございます)https://www.showagakuin.ac.jp/
【お問合せ】事務部?047-324-7115・FAX047-322-6800

千葉商科大学
●市川市景観賞でダブル受賞

2015年にオープンした学生食堂「The University DINING」の設計・建築と「フォトロゲinいちかわ」の活動が「第11回 市川市景観賞」を受賞しました。市川市は、同市の良好な景観の形成に顕著な功績を残した団体に建築やイベント等4部門において「市川市景観賞」を授与しています。
今回、本学として初めて「建築・まちなみ部門」を受賞した「The University DINING」は、外壁の3方向をガラス張りにしたことによる開放感や、天井の梁に効果的に木材を配置して、自然採光や自然通風による居心地の良さを演出しているとして評価されました。
また、同賞の啓発イベント部門を受賞した、「フォトロゲinいちかわ」の活動は、学生による景観啓発が評価されました。フォトロゲイニングとは、地図をもとに制限時間内にチェックポイントとして設けられた場所を回り、チェックポイントと同じ写真を撮影し得点を集めるスポーツです。学生自らが探し出した「市川市の優れた景観資源」をチェックポイントとして巡ることで、市内外の参加者に対して今まで気付かなかった市川市の魅力を知ってもらうきっかけとなっていると評されました。
■The University DINING
市川市国府台1-3-1
?047-710-2112
【営業】学食 月-金11時〜14時30分(12時〜13時は学生優先)、土11時30分〜14時
コーヒー&ベーカリースタンド 月-金8時30分〜19時、土10時30分〜15時
【休】日曜、祝日、大学休校日に準ずるため、大学公式サイトを確認してください。
●「2018 CUC中小企業マネジメントスクール」受講生募集
中小企業経営の課題解決や起業を支援するビジネス講座を8回に亘り開講します。独自の理念と戦略で顕著な業績を誇る企業経営者を講師に迎え、現実的で実効性のあるレクチャーと異業種交流を図っています。
今回のテーマは「デジタル社会とアナログ経営」です。コンピューターによる情報交換が当たり前になっている現代社会でコミュニケーション問題に積極的に取り組む企業経営者からお話を伺います。
【日程】5月12日(土)・6月9日(土) ・7月14日(土)・9月8日(土) ・10月13日(土)・11月10日(土)・12月15日(土)・2019年1月12日(土)
【時間】
・勉強会 15時〜17時
・異業種交流会 17時30分〜19時
【受講料】25000円(単発での参加は1回5000円)
【定員】50名(最少実施人数20名)
【お申込み・お問合せ】千葉商科大学 地域連携推進センター ?047-320-8667

和洋女子大学
●オープンキャンパス情報

和洋女子大学の今年度のオープンキャンパス情報です。今年度の大学案内『Wayo Girl 2019』は、オープンキャンパスで配付する他、大学HPの資料請求ページからもご請求いただけます。表紙の学生は家政福祉学類3年生です。(和洋女子大学は平成30年4月より、学群・学類から学部・学科に名称変更しました)。
【開催日程】
5月20日(日)・6月10日(日)
7月14日(土)・7月29日(日)
8月25日(土)・9月23日(日)
11月24日(土)
※詳細は本学HPをご覧ください。なお、お車でのご来場はご
遠慮ください。
【お問い合せ】入試センター
?047-371-1127
●「和洋シニアフォーラム2018」を開講します
6月1日(金)と8日(金)の両日、「和洋シニアフォーラム2018」を国府台キャンパスで開催します。1日(金)は岸田学長の特別講座「ケアの視点で認知症を考える」、8日(金)は黒田准教授「私の人生に意味はあったか」です。65歳以上のシニア世代対象の講座ですが、対象外の年齢の方でもテーマにご興味をお持ちの方はお申し込みできます。
●「公開講座2018」を開講します
「公開講座2018」。今年度は全16講座を開講します。本学独自の多彩なプログラムから自由に選べる公開講座は、国府台キャンパス、佐倉セミナーハウス、和洋学園九段キャンパスの3会場で開催します。各講座とも定員制・お申込み先着順になります。
【お問い合せ】地域連携センター
?047-371-1473

国府台女子学院
●小・中・高 合同入学式

4月4日(水)、平成30年度入学式が執り行われました。当日は天候にも恵まれ、春の陽気のなか、小学部60名、中学部203名、高等部317名の新入生たちは、一様に緊張した面持ちながら、それぞれの胸中には新たに始まる学院生活への期待と決意が溢れているように見えました。学院長の式辞、来賓の方々の祝辞と、式は厳かに進み、高等部在校生代表による歓迎の辞、小学部・中学部新入生代表による答辞においては、みなその大役を立派に務め、会場からは大きな拍手が寄せられました。これからの学院生活が充実したものとなることを教職員一同、心から願っています。

日出学園
●《小学校》スキー教室〜黒姫高原スノーパーク〜

春休みの五日間、四・五年生の希望者を対象に長野県にある黒姫高原スノーパークでスキー教室が行われました。スキー教室では、スキー技術の習得と向上はもちろんのこと、学校生活の基本である集団生活を様々なグループ活動から学ぶことを目的として行っています。
上野駅から新幹線に乗り、長野駅に向かいます。そこからバスに乗り換え一時間ほどでホテルに到着です。バスから見える雪景色に、子ども達は「雪だー!」「あっちの方が積もってる!」「あー、はやく滑りたいな!」様々な声が聞こえてきます。昼食を終えて、いよいよ講習開始です。ウエアに着替えてホールに集合すると、かっこいいウエアのインストラクターが出迎えてくれました。全体で挨拶を終え、いざゲレンデへ!講習は、約一二○名が、スキーのレベルごとに十二グループに分かれ、二時間づつ、五日間で八回あります。四日目の午後にはバッチテスト(検定)をもあります。
さあ、検定に向けて練習の開始です。初心者のグループは転ぶ練習、起き上がる練習から始め、ストックを使いながら滑る楽しさを味わっていきます。子ども達はどんどん上達し、気付くと自分でスピードコントロールをしながら滑れるようになっています。疲れも忘れて「楽しい!」と笑顔が増えていきます。上級班はスイスイとゲレンデを滑り降りて行きます。急な斜面でも、風を切るように気持ちよさそうに滑っていきます。
たくさん練習を重ね、いよいよ検定です。子ども達は練習の成果を発揮し、とてもよく頑張りました。ジュニアの検定では、六級から一級まで合わせて一一三名が合格。シニアの検定では、大人でも難しいと言われている一級と二級に三名が合格し、表彰式では、嬉しそうにバッチを受け取っていました。
新学期前に友だちとの楽しい時間を過ごした子どもたち。スキーの技術も上達し有意義な五日間になったようです。

市川学園
●訪問コンサート

音楽部とオーケストラ部は、3月30日(金)高齢者介護施設レビー船橋3月度イベントへ訪問コンサートに行きました。平成22年から始めたこの企画は、今年で9回目です。
レビー船橋食堂を会場に、オーケストラ部の弦楽・管楽アンサンブル・音楽部の合唱による演奏で、ご入居・デイケアサービスご利用の方々・ご家族・職員の皆様に、春の楽曲をお聴きいただきました。当日演奏した曲目は、以下の通りでした。
オーケストラ部による器楽演奏、「日本の四季メドレー」・「見上げてごらん夜の星を」・「風笛」・「川の流れのように」
音楽部による合唱、山内雅弘作曲「林檎畑」・「童謡メドレー」(叱られて〜かなりや〜とんがり帽子)・ミュージカル「West Side Story」より「TONIGHT」・信長貴富作曲「種子」
プログラムの最後に滝廉太郎作曲「花」を会場の皆様とご一緒に全員で歌い、アンコールとしてその日出演した全員で、本校の校歌を歌いました。終演後、3月お誕生日を迎えられたご入居者の方から綺麗な花束を頂戴し、和やかなうちに訪問コンサートを終了いたしました。
曲目にご高齢の皆様おなじみの曲目を準備して演奏いたしますと、生徒達の器楽演奏・合唱とご一緒に歌を口ずさんで下さる方もいらっしゃいます。今後も、市川学園の音楽系部活動では、音楽を通して世代を超えた皆様方と交流することの出来る、こういったボランティア活動での訪問コンサートを大切に継続して参ります。

三愛幼稚園
園庭の木々には若葉が茂り、たくさんの花が園庭を春色に彩り、子ども達の新しい出発を祝福しています。園庭の空には23旒のこいのぼりが春風にたなびき気持ちよさそうに泳いでいます。4月7日は第40回入園式が執り行われました。運よく天候が回復し、春風の元、ちょっぴり大きめの新しい制服に身を包んだ新入園児が父母と一緒に登園し、新しい出発の式に参加していきました。園児入場では、毎年泣きながら先生に抱っこされて入場してくる園児の姿が恒例となっていますが、今年は誰も泣かずに全員がしっかり列を作って歩いて入場し、約30分程の式を静かに座って参加することができました。今年はほぼ全員がわくわくくらぶ(2歳児教室)から上がってくる子ども達のせいか、わくわくくらぶでの一年間の集団生活や母子分離の経験が、スムーズに園生活をスタートすることにつながっていると考えています。ワクワクドキドキの幼稚園生活、沢山の笑顔が見られるように、楽しく過ごしていきたいと思います。
春の訪れとともに冬枯れしていた芝生も黄緑色に色づき始めました。本園では、5月から10月まで裸足保育を行っています。園内は安全の為、上履きを履きますが、園庭に出る時は裸足で遊びます。初めは抵抗のある子もいますが、慣れてくると「裸足気持ちいい」とダイナミックに泥んこ遊びを楽しみ、芝生の上を気持ちよさそうに走りまわったり、転がったりして遊んでいます。裸足保育は子ども達の健康で丈夫な体作りの為に30年以上続けています。今年度も裸足で広い園庭を走り回り、元気いっぱい過ごしていきたいと思います。
今年度も更に保育内容、保育環境の充実を図り、様々な経験を通して強くたくましい心と身体を育てていきたいと考えています。また今年度から預かり保育を拡大し、登園時間前の朝8時から、また夏冬春の長期休み中も8時から18時まで預かり保育を行います。お仕事をされている方にも安心して通っていただける園にしていきたいと考えています。幼稚園の見学は随時受け付けています。事前にご予約の上、どうぞ園内を見学にいらして下さい。また下記の予定で園庭開放も行っております。どうぞ遊びに来て下さい。
◎園庭開放
【日時】5月19日(土) 6月2日(土) 7月7日(土)
9時〜12時
事前予約は不要です。当日はお子様だけでのご入場は出来ません。保護者の方とご一緒にお越しください。
【お問い合わせ】学校法人市川東学院三愛幼稚園
?047-373-7272
市川市東国分1-20-12
ホームページ
http://www.sanaiyouchien.ed.jp