昭和学園
●高等学校・中学校の新たな取り組み
 今回は、学校の取組を紹介させていただきます。本校は間もなく創立80周年を迎える中高一貫教育校です。本校が育成したい生徒像は、@自ら考え、自ら学び、自ら行動できる生徒。A高い志を持ち、学習やスポーツ、文化活動に励む「文武両道」を目指す生徒。B自らを律することができ、人を思いやることができる生徒。この3点です。このような生徒を育成するため、「チーム昭和」「高いレベルでの文武両道」を合い言葉に教職員一丸となったきめ細かで丁寧な指導を徹底しています。進学実績では、今年3月に筑波大、千葉大、お茶の水女子大、東京外語大等国公立11名、早慶上理21名、GMARCH54名合格と過去最高の結果を残すことができました。さらに、本校では日々生徒、教職員に高い志を持つことを求めていますが、自ら掲げた高い志を諦めることなく一年浪人し、最難関大学の東京工業大学に二年連続の合格者を出すこともできました。部活動実績では、中学では女子新体操部が全国制覇、女子ソフトテニス部が全国第三位、高校では女子新体操部がインターハイと国民体育大会で団体全国第三位、男子ハンドボール部が国民体育大会準優勝という輝かしい結果を残しました。
 また、本校では英語教育の強化を掲げ新しい教育プランも実施しています。中学では、@一泊二日イングリッシュアクティビティ(中一)、A国内二泊三日イングリッシュキャンプ(中二)、B一週間ホームステイでのオーストラリア語学研修(中三)からなるスリー・ステップ・プラン。高校では、海外在住の外国人講師とのオンライン・スピーキング・トレーニングを高校一年に導入しました。
 昨今、新しい学力観(思考力・判断力・表現力など)の育成や学習形態が求められていますが、その第一歩として、全教室に電子黒板とプロジェクターの設置が完了しています。また、iPadを中学生はすでに全生徒に、高校生も高校1年生から学年進行で利用できる環境を整えています。その他、クエストエデュケーションの「企業探求コース」(探求学習)の導入、「夢や理想」の実現に向け、学習意欲の喚起やモチベーションアップを狙いとした「SGアカデミー未来講座」の開講、大学入試改革を見据えた高大接続プロジェクトチームの設置など、教育環境の整備に継続して努めています。本校の新たな取り組みにご期待ください。

市川学園
●夏の大町自然観察会
市川学園では毎年、中学1年生を対象にフィールドワーク研修の一環として、「大町自然観察会」を行っています。
大町自然観察園の見学は、下総地域の自然について学ぶ機会として昭和49年より45年間続けています。「自然は自然から学べ」との本校生物科の方針に従い、本校では身近な自然に学ぶ機会を授業に多く取り入れています。その取り組みの1つとして、今年度から中学1年生の生物の授業は、2時限続きの授業形態に変更し、全ての時間を「実験」にしました。教科書の写真や絵ではなく、実物を観察・操作することにより、五感を使った本来の生物の授業を行うことで、生徒への自然に対する興味・関心をはぐくんでいます。
市川市の地形を見ると、市の北部と南部に高さの違う平坦面が2段あり、北部の高いほうは下総台地、南部の低いほうは低地です。大町公園は、台地と低地の境目にあります。公園の最奥には湧水があって、ここで沸いた水は小川を形成して、真間川とその支流で市川学園の前を流れる大柏川の源流をなしています。
今年度の大町自然観察会は、夏に開催しました。「市川の地形と、園に作り出される自然について学ぶ」という観察会のテーマを設定し、大町公園の長田谷津という独特の地形と、そこに作られる森林の構造について話をしました。
夏ならではのオニヤンマやカブトムシ・鳥の声など五感をフルに活用しながら、里山の自然を感じることができました。生徒たちも、「秋や春にも来て違いを見たい!」と言っており、とても有意義な時間を過ごすことができました。身の回りから、自然というものが失われつつある現代、自然保全の観点からも、この活動をこれからも続けて、より多くの生徒が自然に対して興味・関心をもってもらいたいと考えています。

国府台女子学院
●中学部理科見学
7月25日(水)、中学1年生19名は夏休みの理科見学として、東京・上野の国立科学博物館へ行きました。「理科に興味をもってもらおう」と始めた博物館見学も今年で3回目を迎えました。博物館では各自が興味のある展示へとそれぞれ足を運び、自由に見学しました。映像が映し出されるブースを楽しんだり、生物の骨格標本の実物を見て圧倒されたり、学校での普段の授業では体験できない多くの刺激を身を以て体感しているようでした。とくに今年は国立科学博物館では初となる昆虫の大型特別展「昆虫展」が開催されており、珍しく貴重な昆虫を見ることができました。最後は博物館前のシロナガスクジラの前で集合写真を撮り、生徒にとって実りの多い一日となったようです。

千葉商科大学
●「千葉商科大学スペシャルマッチデー創立90周年感謝祭」開催
9月18日に、ZOZOマリンスタジアムで行われる、千葉ロッテマリーンズ対福岡ソフトバンクホークスの公式戦は、「千葉商科大学スペシャルマッチデー!創立90周年感謝祭」として開催されます。
マッチデー当日は、本学のサービス創造学部でスポーツビジネスを実践的に学んでいる「千葉ロッテ・プロジェクト」に参加する学生たちが核となり、各種イベントをプロデュースし、当日のブース運営も行います。今年は90周年記念事業として、千葉商科大学が一丸となってZOZOマリンスタジアムを盛り上げますので、皆さん、ぜひスタジアムにお越しください。
【開催日時】9月18日(火)18時15分プレイボール
【場所】ZOZOマリンスタジアム(JR海浜幕張駅徒歩約15分/送迎バス約6分 大人100円
【お問合せ】学部事務課(マッチデー担当) 
shodai90_matchday@cuc.ac.jp
※マッチデーの詳細は左記のQRコードから
●「災害危機管理講座」受講者募集
市川市と本学の包括協定による「災害危機管理講座」を開講します。本講座は、災害が身近に発生した際に最適な判断・行動が取れるリーダー素質を持った人材の育成を目指し、災害対応の知識を習得するばかりでなく、資機材の取り扱いや避難所の自主的運営についての体験学習も行います。全6回、出席した方には修了証が授与されます。
【開講日時】9月29日(土)〜11月10日(土) 10時40分〜12時10分 全6回
【場所】千葉商科大学
【対象】市川市在住、在勤、在学の高校生以上の方
【受講料】無料
※受講申し込みは下記のQRコードから
●起業相談窓口(無料)のお知らせ
千葉商科大学では、市川市と共催で起業相談窓口を設置しています。中小企業診断士などの専門家が、起業や経営に関する悩みや疑問についてアドバイスします。過去の相談事例としては、「事業計画の検討・起業計画書の作成について」、「資金調達(銀行、VCほか)について」、「公的助成金の申請について」などがあります。
【日程】土曜日(不定期) ※必ず市川市のウェブサイトで事前予約してください。
【会場】NPO法人いちかわライフネットワーククラブ(いちかわ情報プラザ)
【お問合せ】大学院・社会人教育センターオフィス 
grad3@cuc.ac.jp

和洋女子大学
●「瞳みのる Ha・Pee・y Birthday Event」を開催します
ザ・タイガースのドラマー、瞳みのる氏によるライブ&トークイベントを和洋学園の講堂で開催します。国府台に在住経歴があるという、瞳みのる氏。当時の思い出や現在の国府台を語り、懐かしいザ・タイガースの名曲メドレーをスペシャルバンドと共に皆さんにお届けします。
9月23日(日・祝)13時開場 
14時開演
【開催場所】和洋学園 講堂
【チケット】ファミリーマート店内に設置されている「Famiポート」にて「ヒトミミノル」で検索し、お買い求めください。
指定席5500円
自由席3000円
【お問い合せ】倶楽部二十二世紀
?03-6265-0493(平日 11時〜18時)
●貴重書展示のお知らせ
江戸時代に出版された『南總里見八犬傳/曲亭馬琴編:柳川重信画』は、第1輯(1集)から第9輯(9集)まで全106冊に渡る長大な物語。メディアセンターでは江戸時代の木版本で全巻所蔵しています。9月21日(金)から展示コーナーでは、『南總里見八犬傳―その伝奇ロマンの世界』と題し、物語の名場面を中心にご紹介します。千葉県を舞台に馬琴が創作したこの壮大な作品を、ぜひお楽しみください。
【お問い合せ】メディアセンター利用サービス係
?047-371-1126
●第14回いちかわ産フェスタ
看護学部の学生たちが血圧測定などの健康に関するワークショップを行ないます。
9月15日(土)10時〜16時
【開催場所】千葉県立現代産業科学館
●第16回回遊展in八幡「やわたマルシェ」
家政学部の学生たちが実践的な学びの一環として、手づくり作品を販売します。
9月22日(土)10時〜16時
雨天順延9月23日(日・祝)
【開催場所】葛飾八幡宮参道
【お問い合せ】地域連携センター ?047-371-1473
●第3回子どもも大人も嬉しいごはん「お料理教室」
今年のテーマは「夏バテ予防」。メニューはとうもろこしご飯、車麩の竜田揚げ、冷やしおでん、梨のコンポートの4品です。たくさんの方のご参加をお待ちしています。
9月22日(土)10時〜13時30分
【開催場所】国府台キャンパス
定員:35名(先着順)
参加費:1人1000円(親子で参加の場合は1組800円)
【お問い合せ・お申し込み】むら竹会 和洋女子大学同窓会
?047-373-4793
●公開講座「赤ちゃんえほんの魅力にふれる〜ブックスタート運動との関連から〜」
お子様と一緒に参加していただけます(0歳児限定)。
10月27日(土)14時〜15時
講師:矢萩恭子教授(こども発達学科)
定員:大人30名(先着順)
参加費:100円
【申込締切】10月12日(金)
【お問い合せ】地域連携センター
?047-371-1473

日出学園
●「夏季保育ご報告」
夏休みに入って間もなくの7月24〜26日の3日間、夏季保育を実施しました。本園の夏季保育は、年中児と年長児の希望者が参加してプールを行います。昨年から実施時期を8月末から7月末に移しました。8月末に行っていた時は、なかなか天候や気温・水温が条件に合わず、実際にプールに入れた日が少なかったのですが、7月末に移してからは実施できる日が増え、今年は3日間ともプールが実施できました。
日出学園幼稚園では、普段は大きいプールの設置はしていません。タライ等にためた水で、水鉄砲を使って水を掛け合ったり、園庭に水を流し、泥んこ遊びをしたりして涼を取っています。子どもの足で徒歩10分のところにある日出学園(小・中高)屋上の学園プールは、夏休み期間はのんびり使えるため、夏季保育に利用しています。25メートルの広いプールですが、深さを変えられ、幼児にもちょうどよい深さで遊ぶことができるのです。
夏季保育では、プールの操作や使用に慣れている小学校の体育の教員に手伝ってもらい、プール授業でやっている内容も少し実施してもらいました。ただ遊ぶだけではなく、きちんと準備運動・整理運動をしたり、合図をしてもらって順番に水の中を動いたりなど、小学校の雰囲気を感じながらも楽しい活動ができていました。また例年、日出学園の高校生もボランティアで参加し、一緒に水に入ってくれます。今年も4名の高校生が園児のサポートをしてくれました。
今年は7月に入って猛暑が続き、熱中症予防のためにプールさえ中止にした学校があったと聞いています。本園でもいろいろ検討しましたが、幸い無事に実施することができました。子どもたちが楽しみにしている夏のプール、来年も楽しく実施できることを期待しています。
○入園説明会(平成31年度入園)があります。
平成30年9月8日(土)、14日(金)両日とも10時〜11時30分 場所:日出学園幼稚園 ※お申込が必要です。

三愛幼稚園
●夏休み預かり保育・夏期保育
今年度から子育て支援の一環として、夏休み、冬休みといった長期休暇中も午前8時から午後6時まで預かり保育を始めました。夏休みに入った日から、保護者のお仕事や家庭の事情に合わせて、毎日20人から30人ほどの園児が登園してきました。
今年は過去最悪級の猛暑続きでしたが、登園してきた子は、午前中は水着に着替えて園庭で水遊びをしたり、屋根のある大きな砂場で、思いっきり泥んこ遊びをするなど、夏ならではの遊びを楽しみながら過ごし、午後は部屋の中でゆっくりとお絵描きやブロック等で遊んでいました。夏休み中の為、幼稚園の施設を独占して使えるちょっとした特別感と、年長児から年少児まで一緒に過ごす縦割り保育の中で、年長さんが年齢の低い子のお世話をしたり、年少さんは、お兄さんお姉さんを見習ったりと、いつもと違う子ども達の姿がみられました。お母さん達からは、仕事をしながらも安心して子育てができるようになった、子どもがいるとなかなかできない用事が片付いてよかった、という声を頂き喜ばれています。
8月の下旬は、9月からの新学期に向けた準備の一環として夏期保育があります。夏休みに自由に過ごしていた子が、休み明けに幼稚園に行きたくないという気持ちになったり、生活のリズムが遅くなり、なかなか朝起きられない、といったことが多くあります。夏期保育では、かき氷を食べたり、夏の遊びを楽しみ、生活のリズムを取り戻して9月からスムーズに幼稚園生活のスタートが切れるようにしています。
●平成31年度園児募集
本園は約2800坪(9240u)の敷地に春はさくらんぼや梅、夏はプラムや夏みかんやもも、秋はザクロや柿やドングリなどが実り、四季折々の変化を肌で感じることのできる豊かな自然に恵まれた幼稚園です。
外遊びが大好きな子ども達は、広い園庭を走り回り、屋根のある大きな砂場で泥んこ遊びをし、豊富な遊具で体を動かし、毎日元気いっぱい遊んでいます。またポニー、犬、ウサギや亀などの様々な動物とかかわり、世話をする経験を通してやさしい心や命を大切に思う気持ちを育てています。
年少組から専門教師による体操や英会話やリトミックなど年齢に応じた様々なカリキュラムを取り入れるとともに、裸足保育、25mの温水プールにて年間を通して水泳指導を行うなど、強い体作りにも力を入れています。
また園内に給食施設があり、自園給食を行っています。食べることは生きることの源。三食の内の一食である給食をより豊かなものにし、園生活を更に活力あるものにしていきたいと、園内で給食を作り、できたての給食を提供しています。一汁三菜を基本に、安全で栄養バランスが良く、時には麺類やパン食などバラエティ豊かな手作りの給食は子ども達からも「給食おいしい」と大好評。「おかわり!」の声が各クラスから響いてきます。
現在平成31年度の入園願書を配布中です。9月12日と15日には入園説明会も予定していますので、詳細はホームページをご覧ください。園内の見学は随時可能です。(事前にご連絡をお願いします)
また、10月から始まる1歳児教室「ひよこくらぶ」の募集も始まりました。
同年代の友達とかかわりながら、様々な遊びを行い、保護者間の情報交換の場として、親子で楽しい教室です。どうぞお待ちしております。
左記の予定で園庭開放も行っております。どうぞ遊びに来て下さい。
●園庭開放
【日時】9月8日(土)9時〜12時
事前予約は不要です。当日はお子様だけでのご入場は出来ません。保護者の方とご一緒にお越しください。
【お問い合わせ】学校法人市川東学院 三愛幼稚園
?047-373-7272 市川市東国分1-20-12
【ホームページ】http://www.sanaiyouchien.ed.jp